創業100周年の銀座嶋屋は文具屋、事務用品、年賀状、アスクル(ASKUL)、印鑑などを提供しています。

年賀状の書き方

年賀状の構成

年賀状 表

1:1文字分を空けて書き始める
2:住所は郵便番号枠の右から2マス目の下を目安に、都道府県や市区も省略せずに書く。
3:縦書きの場合は漢数字で書く。
4:名前は郵便番号枠のはじめ3桁の中心にあわせ、大きめの文字で書く。文字の間は1文字分ずつ空け、バランスよく書く。
5:私製ハガキを使う際には切手の下に『年賀』と朱書きする。切手も年賀用のものが望ましい。
6:差出人の住所・氏名は表でも裏でも良い。下の郵便枠の幅に収まるように書く。

年賀状 裏

1:賀詞(新年を祝う言葉)
「あけましておめでとうございます」「賀正」など

2:お世話になったことへのお礼やあいさつ
「旧年中は大変お世話になりました」「昨年中は何かとお世話になりありがとうございました」など

3:相手の健康や繁栄を願う言葉
「皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます」「貴家御一同様のますますのご繁栄を祈念いたします」など

4:今後の指導や支援をお願いする言葉
「本年もどうぞよろしくお願いいたします」「本年も変わらぬご芳情を賜りますようお願い申し上げます」など

5:年号・日付、住所・氏名
「平成19年元旦」「2007年1月1日」など。裏面に差出人の情報を入れる場合は、郵便番号も忘れずに記載する

気をつけたいPOINT

賀詞の種類と選び方

下の表を参考にして、相手との関係を気に留めて賀詞を考えてください

賀詞の種類と使い方
1文字 寿・福・賀など 目下の人むき
2文字 賀正、迎春、新春など 目下の人むき
4文字 謹賀新年、恭賀新春、敬頌新禧など 目上の人むき
文章 あけましておめでとうございます
謹んで新春のお慶びを申し上げます、など
どなたへでも使える
外国語 HAPPY NEW YEAR!(英語)
Felice Anno Nuovo!(イタリア語)など
親しい友人など

年号・賀詞の重複

年号は、和暦と西暦のどちらを用いてもかまいません。「元旦」は1月1日の朝、「元日」は1月1日の意味ですから「正月元旦」「正月元日」などとするのは間違いです。
賀詞では「新年あけましておめでとう」という言葉に注意。「あけまして」は新年があけてという意味なので表現が重複します。新年を使いたい場合は「新年おめでとうございます」とするのが正しい使い方です。

喪中欠礼

身内が亡くなった年は喪に服し、年賀状のやり取りは控えるのが通例です。
喪中欠礼とする身内の範囲は一親等のほか、生計をともにしている二親等(祖父母・兄弟姉妹・孫)までが多いようです。
ただし、身内の範囲でないから喪中欠礼を出してはいけないというわけではありませんし、地域によって風習もさまざまです。

喪中欠礼の通知は、相手が年賀状の準備を始める前の11月下旬から12月初旬までに届くようにします。通知を受け取った場合は年賀状は出さず、松の内(1月7日)が明けてから寒中見舞いなどでお悔やみのあいさつを出すとていねいです。

寒中見舞い

松の内を過ぎてからのあいさつ状は、寒中見舞いとして出します。
年賀状の返礼、喪中ながら年賀状を受け取ってしまった場合、喪中の人に年賀状を出してしまった場合など、さまざまな場面で使えます。2月4日の節分のころまでに届くようにしましょう。

オフィス・日常豆知識へ戻る>>