創業100周年の銀座嶋屋は文具屋、事務用品、年賀状、アスクル(ASKUL)、印鑑などを提供しています。

不祝儀金封

昔は、各自が香を持って行き、それをたいて故人の霊を供養しました。現代では香そのものを持参することはなく、かわりに香の代金としてお金を包んで渡すようになったといわれています

香典の水引とは

香典の水引は、光沢のない白と黒、黄色と白、銀一色、藤色と白などが使われます。結び方は二度とないようにという意味で「結び切り」になります。 「黄色と白」の水引は主に関西地方での法事のときに使われます。

香典の表書き

表書きは宗教によって異なります。

表書きの書き方

表書きの下に贈り主の名前を書きますが、略式に名刺を貼ることもあります。 また、通夜と葬儀に持参する香典は、薄墨で書きます。 「薄墨」には、悲しみの涙で薄くなりました、という意味もあるそうです。

宗教に関係なく通夜や葬儀(告別式)に使用します。「蓮の花」の模様のあるものは仏教のみにしか使用できませんので 注意しましょう。

御霊前

仏式の法事で仏前に供えるときに使用します。

御仏前

キリスト教の葬儀のときに使用します。

御花料

神式の葬儀のときに使用します。

御玉串料

仏教では四十九日を境に霊が仏になるとされています。一般的には四十九日以前は「御霊前」、それ以降は「御仏前」となります。

オフィス・日常豆知識へ戻る>>